レッスンの様子

【即時反応】

キーボードの音をよく聴いて歩いたり走ったり。

もちろん抱っこでもOKです。

お母さんと一緒に音を体で感じます。

音が止まると「あれ?」みんなも自然と止まります。

音楽をよく聴きそれを瞬時に表現することで

集中力や瞬発力、表現力を育みます。

みんなで動くことにより空間認識能力や

ぶつからないように見通しをもって動く力、

自分自身のコントロール力なども育ちます。

写真は音に合わせて大きくなったり小さくなったりしているところです(^^)

【イメージをもつ】

その日のレッスンのテーマに沿った絵本やパネルシアターを見て、想像力を膨らませます。

この日は梅雨時だったので雨がテーマです。

耳、目、指先・・・たくさんの感覚を刺激していきます。

だんだんと、「あ、今は聞くときだな。」と

​集団で話を聞くという姿勢も身につきます。

【教具を使って】

「○○くん」「はあい!」

ボールをやりとりしながらリズムに合わせてお返事をしているところです。

ボール以外にもシフォンスカーフやフープ、マラカスなど様々な教具を使って子どもたちが興味をもって楽しめるような展開をしていきます。

使い終わったらお片付けもやってみよう!

もちろん、ここでご紹介しているのはレッスンの一部です。

このほかにもいろいろな方法でレッスンを展開していきます。

また、リトミックの活動のねらいはひとつではないので、

ここに書かれている以外にも様々なねらいが含まれています。

クラスごとの子どもたちの月齢、全体の様子に合わせて毎月プログラムを構成しています。

また、小さい子どもたちの講座ですので

眠かったり、泣いたりすることもありますが、無理強いはしません。

はじめは見ていたり、興味をもったところだけでも参加したりしているうちに

だんだんと意欲的に参加できるようになります。

ご参加のママたちもご理解いただいているので、皆さん温かく和やかな雰囲気です。